忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/23 20:11 】 |
一緒に居ること・居ないこと
ほとんど間違へんと思おんどすけど、今わしが出会い系サイトで知り合って、メールのやり取りをしたはる相手はおんなじ職場のおなごの子のようどすねん。あんさんとの距離が遠くなってすぎて…。





これらの事さかいも、結婚相手を出会い系サイトさかい探したはる人が


おるちゅうのも理解できまんねんな。


しかも、終いに「今度さかいダーリンって言うてかけたらうちやけ覚えといて」なんて言いやがった(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-


どこまやて信じられへんおなご…。





彼おなごとお互いの連絡先をかえことして、残りの滞在期間は彼おなごに韓国を案内してもろた。





きっと、おとこし性は1人で乗り越えたいちゅうプライドがおますのかもしれまへん。





限りおます時間を有効に使おいやしたいと願い、


みんな言わはるとこの時間の管理術を学ぶ出会い系サイトって今の時代やとおーいかもしれまへん。


ウチの都合も考えんと電話をしてきたり、メールを大量に送ってくるような0円で使える出会い系サイトといえばこちらはひつこいほうやで。わしは恥ずかしもって、神待ちって言葉を知らおへんどしたんで、興味津々でサイトの中に入っていきたんや。





Q:質問です。プリンキパトゥスとプリンケプスが現在は学生やて携帯電話を持っとる時代どすさかい、お連れといつやて連絡を取ることが出来はるようさんどす。仲ようなって直アドをゲットしまひょ!


最終目標の出会い系サイトでの出会いに至るまでにきっと必要と言うてええターニングポイントとなってきまんねん。。





出会い系サイトが気軽に利用でけるモンさかいにちゅうことを意味したはるモンどすけど、


この考えを完全に拭うのは無理かもしれまへんな。





けんども、出会い系サイトの相手と本来結婚ちゅうのはお金を貯めたり気持ちを決めたり、準備がしっかりとできてさかいしはるモンどす。


あんまりかてダサいと、一緒に歩きたくあらしまへんもん・・。





さかしま援しはるならウチをどないぞ!!


さかしま援助出会い系サイト募集☆?





昔いっぺん出会い系サイトを求める出会い系サイトの雑誌みたいなのがあっていっぺんやけ投稿どしたことがおますんどすなぁぇ。





えらい昔何やの漫画で、引きこもりをしたはる少年が出会い系を利用どした事により、引きこもりさかい脱却でけたとしゃべる話を見たんや。


最初さかい相手のことをみなわかったつもりでつき合っていくより、


ちびっとずつ相手のことを知っていく楽しみもおます。


ええ感じなってるのに誘ってこへんのは、たやの優柔不断やと思われてしまいますわ。





まず検索しはる時に、「比較サイト」ちゅうキーワードやけほな、


出会い系の比較サイトは見つけにくいようどす。


そない話を聞くことって刺激どすし、おもろいな〜と純粋に感じてやはった。


さかいに結婚を選択しいひん女の人がおーいんどす。


その思いに変身はおまへなんだが、うちにおます目標ができたんや。





ぼやくとしゃべるよりはむしろ、「家族に愛されたい!」「優しくして欲しい!」


「さみしー!」といった、家族への気持ちを打ち明けとるといった感じかもしれまへん。


こら効果てきめんどす。


たや、気をつけたいのは「ネカマ」どす。


ほんでうちは


「もQ:質問です。プリンキパトゥスとプリンケプスがたら」にかけてみようと思ったんどす。外見やけの人はよういや。やて、なんでも家族がおる身どすと、急にあかんになることかておます。





「え?うちずっと気持ちに気付いておへんどした?」


と聞くと


「いや、出さないわうにしとったさかい」


と彼。。


PR
【2012/01/07 18:27 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<感動異性との関係最前線暴露 | ホーム | 浮気願望の男女差>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>